AGA治療薬の代表的な薬としては、2種類があります。フィナステリドとミノキシジルが代表的な治療薬であると知られています。

AGA治療薬の効果・副作用

AGA治療薬の効果について

AGA治療薬の代表的な薬としては、2種類があります。フィナステリドとミノキシジルが代表的な治療薬であると知られています。

プロペシアの効果

フィナステリドはプロペシアの主成分となっており、その効果としては発毛を促進する効果を期待することができます。もともと前立腺の治療薬に用いられていた薬でしたが、その治療過程で前立腺の患者の多くに産毛の発毛を確認することができたことから、AGA治療へと応用されることになりました。AGAの症状には男性ホルモンの働きが直接的に関わっており、過剰にそのホルモンが分泌されてしまうことにより脱毛という症状が見られるようになります。そこで、そのホルモンの働きを抑制することができるフィナステリドを飲み薬で服用することでその症状を改善して発毛を促進する効果をもたらしてくれるのです。脱毛の原因となっている男性ホルモンの働きを抑えることで産毛の発生を促進することができる薬としてその効果はすでに医療分野では医師のお墨付きを得ているため、AGA治療薬には現在では広く用いられているのです。

ミノキシジルの効果

他方で、AGA治療薬にはもう一つ有名な薬があります。ミノキシジルは髪が抜けてしまった部分から発毛を促進させる効果を期待することができます。ミノキシジルにはもともと高血圧の改善のために、血圧降下剤として開発された薬でしたが、高血圧の患者の多くに毛髪が増えるという現象を確認したことから、AGA治療薬に応用されることとなりました。禿げや薄毛の原因として頭皮の血流が悪くなっている事によって引き起こされると考えられています。そこで、このように毛髪が増加する作用を頭皮に応用することで、髪の毛が薄くなってしまった部分や毛髪が無くなってしまった部分から髪の毛を増やすためにこの薬が用いられるようになりました。ミノキシジルには飲み薬だけでなく、頭皮に直接塗り込むことができる塗り薬も登場し、気軽に治療を受けられるようになりました。

AGA治療薬の副作用について

このように効果の高い2種類のAGA治療薬ですが、副作用も確認されています。まず、フィナステリドには性欲減退や勃起機能不全と行った男性ホルモンに関わる体の機能に影響を及ぼすことが確認されています。もともと男性ホルモンの働きを抑制させる治療薬として用いられていたことから、こういった副作用が生じてしまうリスクがあります。ミノキシジルの場合、循環器系に影響を及ぼしてしまうリスクが確認されています。