ミノキシトップは、成分をミノキシジルとしたロゲインのジェネリック医薬品です。高血圧の薬として知られていましたが、発毛や育毛にも効果があるとわかり薄毛の改善の為に育毛剤などにも用いられるようになりました。

ミノキシトップの効果・副作用

最近では男性のみならず、女性でも薄毛に悩んでいる人は多くいます。

男性と女性では薄毛になる原因に違いはあるのですが、どちらも、薄毛であることで見た目年齢も老けてみられるばかりか、他人からの視線も気になることでコンプレックスを感じる人もいるかもしれません。

薄毛に悩んでいる人の救世主となっているのが「ミノキシトップ」と呼ばれている「ロゲイン」のジェネリック医薬品です。

ミニキシトップの効果について

ミニキシトップに含まれる主成分は「ミノキシジル」で、血行拡張作用があります。

もともとは、高血圧の薬として認知されていたものなのですが、最近になって発毛や育毛効果があることがわかり薄毛の改善の為に育毛剤などにも用いられるようになりました。

身近なところでいえば、大正製薬が一般医薬品として1999年に発売した「リアップ」があります。

ドラッグストアや通販サイトなどでも気軽に購入できる薄毛改善の治療薬として有名となりました。

長年の間、大手製薬会社が研究や開発を繰り返してできた薬ということだけあって、使用することで「抜け毛が減った」「髪の毛にハリやコシが出てきた」「カモに毛のボリュームがアップした」などという利用者に評判の良いものでもあります。

薄毛に悩んでいた人にとっては「救世主」とも呼ばれる薬となったのです。

ミニキシトップの使用方法について

ミノキシトップは服用するタイプのものではなくて、頭皮に直接塗布するタイプの育毛剤に使用されます。

そのため、飲み方などは関係はなくて、使用方法としては、朝と夜の二回に分けて適量を塗布していきます。

寝る前に使用する際には、塗布した薬剤が完全に乾ききってしまった状態なのかを確認しておくとよいでしょう。

この時に、頭皮に薬剤が染み込むように頭皮マッサージを行いながらするのがおすすめです。

一定期間の間に使用することで、発毛や育毛に高い効果を得られることでしょう。

ミニキシトップの副作用について

副作用として報告されているのが、アレルギー反応やめまい、頭痛、むくみや血圧の変化、目のかゆみなどです。

症状を感じた際には、自己判断をするのはやめて病院を受診しましょう。

また、禁忌事項は特にありませんが、基本的には男性のみが使用できるものであり、女性や未成年者の使用はできません。

さらには、授乳中や妊娠中の方は胎盤や母乳を通して成分が移行する恐れがあるので使用は控えたほうがよいです。

確かな効果を実感できるミニキシトップですが、使用に関しては副作用の報告もあるので注意しましょう。