AGA治療薬の代名詞プロペシアは飲む毛生え薬として有名です。プロペシアは抜け毛を抑えてヘアサイクルを正常に戻す効果があります。

プロペシアの効果・副作用

プロペシアの効果について

プロペシアとはおもに男性型脱毛症の治療に効果が期待できる薬であり、日本の製薬会社が開発し、2005年から発売されて今では医療機関でも普通に処方されています。そんなプロペシアの主成分はフィナステリドで、フィナステリドには男性型脱毛症ことAGAの原因とされている男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを抑制する効果があります。このジヒドロテストステロンは、発毛に関わる毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することで髪の成長を阻害してしまい、髪の成長期が短くなって退行期に簡単に脱毛してしまうリスクが高まり、脱毛の大きな原因となります。

そこで脱毛を改善したいなら、当然ですがプロペシアを正しく利用する必要があります。まず基本として、服用するのに適しているのは、20代以上40代以下の男性です。これは年齢によって薬の効果に差があるわけではなく、毛髪細胞が関係していることが多いためです。加齢に伴って頭皮の毛髪細胞は減少するので、いくら薬を服用しても毛髪細胞がない所に髪が生えることはなく、年齢が高いほど薬の効果を実感しにくくなります。よってAGAの進行を抑えるためにも治療は早期に開始することがお勧めです。また一度服用すれば効果が得られるのではなく、最低でも3か月から半年の期間は飲み続けることも大切です。

プロペシアの副作用について

あとはプロペシアに限ったことではありませんが、どのような医薬品でも服用する場合、副作用などのリスクが存在しています。そこでプロペシアの禁忌事項としては、男性ホルモンを抑える働きがあるので、女性で妊婦や授乳中だったり、子供の内服は禁止されています。しかも口から内服することはもちろんですが、皮膚からも成分を吸収してしまうので、錠剤に触れることも避けましょう。もしも妊婦の体内にプロペシアの成分が入ってしまうと、胎児が奇形になってしまうリスクもあります。それから男性の場合は、副作用の症状としては肝機能障害や過敏症、生殖器障害や肝臓障害などが発生する恐れがあります。

これらの症状についてはクリニックに通っている場合は検査を受けたり、少しでも普段と違うと気付いたならば医師に相談するようにすることで、避けることも可能です。他にも抑うつ症状に陥ったり、乳房圧痛や乳房肥大などになることもあります。このようにプロペシアを利用する場合、副作用のことも知っておくことは大切で、医師の指示に従って正しい方法で服用しましょう。ちなみにプロペシアには0.2mgのものと1mgの2種類がありますが、飲み方としては0.2mgのものを1日1錠服用するのが一般的に多い傾向にあります。