サガーロ2016年に日本で発売が開始されたAGA治療薬です。AGA治療薬として日本での認可がおりたのは2番目の存在です。主成分のデュタステリドは前立腺肥大症の治療薬として使われていましたが、脱毛を抑制する効果を持つことがわかりAGA治療薬として期待されている治療薬です。

ザガーロの効果・副作用


「サガーロ」という薬をみなさんはご存知ですか。「サガーロ」はイギリス企業によって開発され2016年に日本で発売が開始されたAGA治療薬です。AGA治療薬として日本での認可がおりたのは2番目の存在です。

ザガーロの効果について

そんな「サガーロ」の主成分は「デュタステリド」という物質です。そもそもこの「デュタステリド」は前立腺肥大症の治療薬として使われていた存在でした。そもそもAGAの発生は還元酵素5αリダクターゼが関与していることがこれまでにわかっています。

この5αリダクターゼが男性ホルモンと結びつき脱毛を促してしまう成分である「ジヒドロテストステロン」を生成し髪の成長を止めてしまいます。つまりこの還元酵素である5αリダクターゼの活性を抑えることができれば脱毛を抑制することができるわけです。その効果を期待できる存在が「サガーロ」なのです。

そして「サガーロ」を服用することで髪のサイクルは正常化され、その1か月後に大量の抜け毛があります。この期間は驚くかもしれませんがこれは正常な効果なので気にする必要はありません。

大量の抜け毛を契機にヘアサイクルが正常化しリセットされた証拠と言えます。これによりAGAの改善を期待することができるのです。

ザガーロの飲み方について

現在「サガーロ」はザガーロカプセル0.1mg・ザガーロカプセル0.5mgの2種類が半倍されています。そして主成分の含有量に関係なく両者とも1日1錠が用量とされています。0.1mgのザガーロを服用しているからといって5回服用してはいけません。

禁忌事項に留意して1日1錠の用量をしっかりと守って服用するようにしてください。

ザガーロの副作用について

正しい飲み方をしたとしても場合によっては副作用がでることがある点には注意が必要です。具体的な症状としては男性機能の低下などが確認された事例が報告されています。具体的な症状としては起不全や性欲減退、精液量減少、精神障害、女性化乳房などが確認されています。

このような副作用を自覚された場合にはすぐに服用をやめましょう。すぐに症状が治まった場合もそのような症状が一度でも出たことを軽視せず可能であれば専門家である医師にその判断を仰ぐのがおすすめです。

更に、女性の服用はもちろん触れることもないよう管理することをおすすめします。実際に妊娠中に「サガーロ」の影響で胎児の性器が奇形になったり5αリダクターゼが作れない子供が生まれたりするリスクがあることがわかっているので注意してください。